害虫駆除のご相談はアート環境企画にお任せください。シロアリ、ねずみ、ゴキブリ等なんでも解決いたします。

害虫駆除は有限会社 アート環境企画

シロアリ被害は早期発見が重要

シロアリ画像
シロアリ職蟻

シロアリや腐朽が原因で地震や台風によって被害が拡大することは近年の調査によって、いろいろな場で報告されていることからも知られています。

シロアリ被害から住まいを守るためには早期発見、早期処理が重要となります。

しかし、シロアリの被害は建物の外側からは発見しにくく、気が付いたときには、その被害はかなり進行していることも少なくありません。シロアリは外部から地面をつたって密かに建物内部に侵入し、基礎コンクリートの表面に蟻道をつくり、木材部分に到達すると土台から柱、壁の内側へとどんどん食害を拡げていきます。

被害の進行が止めなければ、床板が落ちてしまったり、屋根が湾曲してしまうなどの影響を及ぼします。また、地震や台風の被害が重なれば、建物自体が倒壊に至ることも珍しくありません。


シロアリの発見方法

早期発見、早期処理の重要性は分かっていただけたと思います。そこで、シロアリの簡単な発見方法をお教えしましょう。

羽蟻画像
羽蟻
蟻道画像
地面から根太に伸びる蟻道

  • シロアリの繁殖期は毎年4月中旬から7月頃です。
    その時期に無数の羽アリが飛び出した家屋は、確実にシロアリの被害を受けています。またその周辺の建築物もシロアリの被害を受けている可能性があります。
  • シロアリは暗いところを好みます。明るいところでは、必ず蟻道(トンネル)を作って移動します。この蟻道があるとシロアリが居る証拠です。
  • 柱や木材部分をハンマーで叩いてみて、空洞があるような音がしたときは内部が食害されている可能性があります。
  • 棟や屋根が波打ったようになったり、傾いたりしている時も同じようにシロアリ被害を受けている可能性があります。

このようなシロアリの被害が認められた場合は、専門業者に駆除を依頼しましょう。

また、シロアリ被害は建物の外部からは発見しにくいため、専門の知識や技術を必要とします。該当する項目がなくても、定期的に専門業者に調査してもらうことをお勧めします。

  • アート環境企画では、シロアリ被害の調査見積も無料にて承ります。調査等のご相談はお問い合わせからどうぞ。
Copyright(c) Art Pest Management All Rights Reserved.